ドラマ・映画

大河

う~ん。史実的に仕方ないんだけどこれまでの展開的にどうして光秀一家が越前に何年もいるのかわかりません。最初は尾張へのルートが使えなかったから開いてる方に脱出したって理由があったのでわかりますよ。でも、仕官しないでお米にも困るぐらいの生活し…

キングダム

ストーリーもキャラクターも王道少年マンガなので流れに身を任せれば面白いです。 演出なのはわかるけど秦王が髪を結ってないのにすごい違和感が…。確かに雰囲気あるし美しいんですけどね。でも、この時代的にきちんとお手入れしてキレイに結っているのが中…

大河

土田御前が言っていることがよくわかりませんでした。っていうか、信長毒殺計画を知らなかったの? そして誰もいなくなった的に濃姫が残っているけどもう奇妙いますよね。 将軍に挨拶を求められてたまたま領内にいる浪人を送るってすごい失礼というか完全に…

大河

光秀たちは逃げて家臣は農民に戻ってってことはお城には叔父上だけがいるってことですか。防備がどうなっているのか気になる。 しかし、逃げるにしては皆様衣装が目立ちすぎなカラフルさですよ。 駒を旅芸人に預けて後で京都で探すのがよくわかりませんでし…

大河

濃姫は負けたくないのですね。信長はこれからバンバン負けるので耐性つけておいた方がいいですよ。 進軍の合図はホラ貝じゃなく太鼓なんですね。 一瞬、上杉謙信のドラマかと思いましたよ。 むっちゃカラフルでおしゃれな鎧がありましたね。色々縅とかいうん…

大河

信長は本当に歌の意味わからなかったの?濃姫の話を誤魔化しただけなの? 好きなのは将棋じゃなくて賭けだろうけど、家康相手なら負ける気しかしません。 確かに道三はだまし討ちはしても嘘はついていませんね。商人出って自分で言っていますし。 叔父さんに…

大河

う~ん。昔は実権を握る隠居って普通だったので、家督相続したからって義龍の思い通りにはならないっていうかむしろ道三が活躍する可能性があるんですけど。 いきなりライバルの弟が出てきましたよ。一瞬で消えましたけど。 菊丸が薬屋さんで出世していまし…

大河再放送

太平記を見ていて、昔だからかテーマ的にか後醍醐天皇よりすぎて悩んでしまいますよ。 後、旅芸人っていうか浮浪しつつ的な存在は定番だったんですね。

大河

叩かなくても、誰が信長かわかるでしょう。家臣はあんな格好しませんよ。 海があれば豊かって頭でわかっていても実際に目にするまでは実感なくて豊かさに圧倒される道三。 信長によるのろけ&脅し会見。しかし、衣装の色的に美濃側は暗くて尾張側は明るいで…

大河

信長も言っていたけど、濃姫と光秀が他人の手柄をとっていくドラマですね。ただその他人がすごすぎてちょっと手柄をとられたくらいではびくともしていませんけどね。 嫁をもらったら親にはいえないことも相談できるを信長と濃姫が実践しているのに主人公夫婦…

大河

ドラマで関係者中心になるとそれまでバラバラだった出来事が繋がっている可能性がある──っていうか、そもそもこんなに近かったって気づくので尾張の相続事情と美濃の親子クーデターの関係がどう描かれるのか楽しみです。 道三と信長の台詞の言い方が似ている…

永遠の桃花

なんか戦いがロードオブザリングみたいですね。架空の生き物のリアルさは違いますけど。 しかし、離鏡がなんなのかさっぱりわかりません。後、主人公って弟子としては下の方だと思うんだけど、どうして言いたい放題したい放題な特別扱いをされているのかもわ…

大河

人質交換早々に愚痴る信秀。まあ、息子の行動は面子に関わりますからね。 お米で済ます案を出す叔父さんは結構有能ですね。 援軍が来ないとなると平手さんが濃姫に存在価値を問うような責めた目をしていて怖いですね。このじいは信長ノイローゼ1人目になりそ…

永遠の桃花

ぞろぞろ神とかいろいろ出てきてよくわからないんですけど中国人ならわかるんでしょうね。なんと言っても衣装が楽しいです。 面白いんですけど離鏡がなんなのかよくわかりません。恋人でも好きでもないのに失恋っぽくなっている主人公もよくわかりませんでし…

大河

桔梗の紋って明智だけなんですか。土岐家の紋は違うんでしょうか。 しかし、人助けは立派だけど助けた女の子が孤児だからって面識もない旅芸人に渡すのってどうなのかなあ。大河だからキレイにまとまっているけど普通に考えたら人身売買ですよねえ。 人質に…

大河

信長の亀甲の衣装が麒麟みたいな柄ですね。なんか、真面目に変なキャラクターです。領民には慕われているんですね。 帰蝶のことを見たことがないと褒めまくった後の土田御前。 意味ありげに出てきた広忠が一瞬で退場してしまいましたよ。まあ、なくもないけ…

花散る宮廷の女たち

皇帝が崩御されてしまいました。子どもへの態度以外はこの作品の良心だったのに。 ただ、自分らしくどうこうは宦官に愚痴ることじゃなくて皇太子に子どもの頃からたたき込むことですよ。 史実といえば史実だけどそして誰もいなくなったに突き進んでますね。 …

大河

お魚エピソードには何の意味があるのでしょうか。っていうか、頭は船代(?)で尻尾も1文なんですね。 この道三親子の言葉足らずの怖い天才vs鬱憤をためる真面目な目下って一般的な信長・光秀のイメージですね。 この道三、尾張を乗っ取る気満々ではないです…

花散る宮廷の女たち

瑤君の髪型は新婚時は皆しないといけないのでしょうか。全然似合わないのですけど。この短い前髪って無茶苦茶人を選ぶ髪型ですね。 友人の結婚式でなんて縁起の悪い詩を吟じているのでしょうか、この主人公は。常識無いの? 船で皇帝が言っている皇太子を廃…

大河

よくわからない襲撃が出てきました。このお話って結構チャンバラ多いですね。 お母様が噂話をしないように釘を刺してくれてよかったです。 結婚するって言ったけど誰も好きな人ととは言ってませんよ。 義輝ってもっと野心的だと思いますよ。まあ、堂々と殺さ…

花散る宮廷の女たち

皇帝はこんなに有能なのにどうして皇太子相手になるとちゃんと判断できないのでしょうか。まあ、史実だし仕方ないんですけど。 皇太子は冤罪ってのは何の罪にたいしてなんでしょうか。確かに横領はしてないけど横領するような人物を信頼して高価なものを献上…

大河

道三が撃つときに銃身の鉄の部分まで触っていたけど熱くないんでしょうか。とにかく初めは当たるのが火縄銃のようです。現場担当の光秀だけで責任者の義龍はいなくて大丈夫なんでしょうか。 光秀はお使いが多いですね。いちいち経費がどこまでか確認しないと…

大王カジミェシュ

終わりました。これって妻と母親が主人公だったのかな。不思議なタイミングでの最終回でした。 主人公や周辺の人物ってポーランドでは有名人なんでしょうけど、何も知らないといきなり出てきていきなりいなくなっていきなり再登場みたいな印象です。外交関係…

大河

この菊丸って実は秀吉だったりするんでしょうか。一応秀吉の方が年下の確率高いですしね。 1回で鉄砲を当てたと思ったら今度は当たらなくなっていたりよくわかりません。 医師は思った以上に狸でしたね。まあ、斎藤道三も織田信秀も実力成り上がりお飾り操作…

海上牧雲記

人魚族って特殊能力でもあるのかと思ったら月漓にも簡単に殺せちゃうような女性を見張りにつけて終わりってどういうつもりだったんでしょうか。この後、テレパシー受け取った仲間が心臓取りに来る展開を期待。 大将軍って本気で一人で帰っちゃったんですね。…

大王カジミェシュ

騎士団問題で団結するポーランド。やっぱり共通の敵って有効なんですね。 宮廷では常に恋愛していますね。まあ、ドラマだから恋愛になるけど現実には常に配偶者がいないと生活が成り立たないんでしょうね。 王妃が亡くなったわけですが、(自分が原因なのに…

花散る宮廷の女たち

もう途中は早送りでいいので早く廃太子にしてくれないかな。いい加減このあほっぷりを見るのがつらいです。怒られてもその場では反省しても全然懲りていないし。自分が騒ぎを大きくしたから栄憲がモンゴルにお嫁に行かないといけなくなったのにいなくなった…

大王カジミェシュ

ついダビデの罪まで犯していますけど主人公なのにいいのでしょうか。とにかくどこまでが史実なのかわからないのが辛いですね。 未亡人でも結婚に生活がかかっているんですね。 娘はともかく、王妃はかばえないのに魔術を頼んだんですか? とりあえず、前王妃…

大河

土岐さんは小声とはいえ道三がすぐ傍にいるのにどういてあんな話をするのでしょうか。 個人的に隣国に出兵を促している時点で土岐家はアウトです。そもそも、織田だって守護を蹴っ飛ばして尾張統一しますしね。 家来にヒステリックにものを言うキャラクター…

花散る宮廷の女たち

このドラマは後宮恋愛ドラマと思っていたけど康熙帝のありがたいお言葉を拝聴するドラマだったようです。 皇太子は優しいらしいけど、自分が好きな女性にすら意識のないときに一方的に約束とか話してそれを守るようにいってくるような男性のどこが優しいのか…