海上牧雲記

秀女のなで肩がすごいんだけどこれは衣装が原因なのか本当にこういう体型なのかどっちなんでしょう。
皇后が皇帝に蔑ろにされるのは銀容が好きだからっていうだけじゃなくて恥ずかしいからって皆殺しにしちゃう性格だからでは?
輿に関してはそっちがじゃまとしか…。っていうか、笙ってなんだかんだ言って輿丁がついているんですね。
銀容の女優さん、美人でもかわいい系で親しみやすいお顔なので、個人的にはもっと超然とした感じのタイプがよかったです。
馬のお礼は結局どうなったのか教えてください。
父親に無茶苦茶突っかかっている目の前に母親の絵があるのにって思うけど、考えたら笙は母親の顔を知らないんですね。
皇帝の鎧の喉元が首絞まっちゃいそうなしんどそうな感じですね。兜の飾りの方がもっとすごいですけどね。
月漓は確かに問題ありありだけどこれこそ南枯家と思うので育て方がどうとか何も言えません。皇后様の狭量さがいい方につながればいいですね。変に逆恨みしそうな気もしますけど。
ファンタジーぽさを出すために外国風にしていてそれが日本なのかなって感じに日本が混じっていますね。

怪談牡丹燈籠

さすが江戸時代原作だけあってごちゃごちゃしていますね。
代書やさんががめついですね。こういう人物をドラマで見るたび、人殺しを強請るのが怖くないのかとっても疑問です。
幽霊が吸血鬼かキョンシーみたいですね。
一晩で何人夜逃げしているのでしょうか。
しかし、殿様が死んだ夜に孝助がいなくて疲れて帰ってくるのを事情を知らない皆さんは何とも思わないのでしょうか。
おいおい。一応他家に養子に入ってる孝助に仇討ちさせるんですか?孝助が跡取りな遺言だったの?

自分ファースト

大坂の陣大阪城の秀頼の元に集まった浪人だって別に豊臣が勝つとは思っていなかったと思います。ただ、滅亡するとも思っていなかったでしょうね。適当なところで和平するって想像していたんじゃないかな。
浪人ってつまりは無職で就活中なんだから、目立つ手柄をたてて採用されたらラッキーってもんでしょう。豊臣家が負けて石高が減ろうが知ったこっちゃないでしょう。自分は無職無収入だったのにたとえ薄給でも退職するまで給与が保証されるどころか息子が継ぐから介護の保証までついてくるんですから。

怪談牡丹燈籠

あんなに大声を出しているのに気付かないお米もどうかと思います。それとも知らん顔しているのかな。
焦がれ死にってもっと静かなものと思っていましたよ。
ちょっと近くのお墓に引っ越してきました。
幽霊っていざなぎいざなみと違って体じゃなくて魂だから腐敗しないのでは?
江戸時代ってこういうドロドロなお話が流行っていてお客さんを呼ぶためにどんどん凄惨になっちゃたりしてお岩さんとか油地獄とか殺し方にばっかり凝っちゃっててストーリーは何じゃこりゃな感じのが多いんですよね。
勝手に自滅してくれて万々歳なお国。
あの暗さでよく下げ緒が見えましたね。
お殿様が勝手に結婚話を受けちゃうの(親がいないのもあるとして)雇い主が如何に使用人を支配していたかがよくわかりますね。

海上牧雲記

内緒でお金を隠していたのかと思ったら不思議な展開と思ったら斧…。
碩風一族って結構少ないですね。一族というよりは一集団?
男だから女だからはどうでもいいけど親として子どもへの義務を果たしてください。
碩風和葉ってどう見ても(男性だけど)傾国なのに族長を継げるんですね。まあ、チンギス・ハンの子孫の優遇を見ても草原が完全な実力主義とは言えないのでしょうけど。
碩風が復讐と言っても同じことを他部族にしたわけですし。
ところで、日本では通訳になるときに○○と△△の××みたいなタイトルつけないと爆発する爆弾でも埋め込まれるの?

少林問道

いつの間にか密貿易告発になっているけど飢饉は解決したの?私、見逃しちゃいました?
諦めるっていうか、蓁蓁からしたら問道も楊秀も安住してますよね。
えー。少林寺として従軍の前例作っちゃっていいの?今後朝廷が従軍命令出しても断れませんやん。相手が賊軍だったら食い詰めた民衆と戦わなあきませんやん。っていうか、問道がお寺を私物化しているようにしか見えませんよ。
楊秀と蓁蓁は何をしに村にいったんでしょうか。結果は剣雄の予想通りですやん。蓁蓁救出はわかるけど「兵の命は?」っていう剣雄の言葉は正論ですし。…自分たちは馬鹿ですって主張しに行ったのかな。
中国の見る日本って月代、下駄、お面なのかな。まあ、もうじき弁髪になりますけどね。
本当に村人からしたら官軍も倭寇も変わりませんね。
楊秀がいきなり自爆していてびっくりですし、剣雄が突撃するタイミングがいまいちわかりませんでした。
つまり息子がかわいいという一つの私欲ではないですか。
あれ?蓁蓁は身請けされた扱いになっているの?それとも何らかの理由で解放されたの?
しかし、明代なら和服と同じ形の襟が普通と思っていたけど、詰め襟タイプも普及していたんですかね。
なんか、どんだけご立派で悟りを開いていらっしゃるか知りませんが、女性を犠牲にして顧みない方々にしか見えないのでどこを尊敬したらいいのかさっぱりわかりませんでしたよ。
ところで、僧の日よけが背中の荷物と一体化している庇風なのと笠なのと違いは何だったのでしょうか。出世すると笠?